Mt.Kinako
Mt.Kinako
二次創作小説を書きます。FEifシグカムが中心、というかそれのみです、本にしたい……!

最近のノート
二次創作(FEif シグカム)小説 二冊目 R 進捗中
R18
シグカムの夜(とは限りませんが)のお話ばかり集めた大人向け短編集も鋭意執筆中です。愛あるRを目指してかなり本気。Web再録と書き下ろしが半々くらいで今のところ六作品ほど
二次創作(FE if シグカム)小説 現パロ 三冊目 進捗中
現在支部で公開しているものを加筆修正してちゃんと終わらせたい…!書き始めてから二年半(!!)なのでいい加減にしないと(´ཀ`)クリスマスのお話なのでその辺りまでにはできればなぁ(とおいめ)
ユーザーページ

二次創作(FEif シグカム)小説 長編一冊目 進捗中

シグカム小説で薄い本を作る。Web再録に加筆修正ですが思ったよりもはかどらず(´ཀ`)完全な俺得同人誌になりそうです。ほとんど原型を留めぬほど書いたおかげで年越し確定いたしました(´ཀ`)

2018年6月14日作成 (1192日め)
12
/ 2018

パソコンに向かいたくないので紙に印刷して手直し後、スマホで書く。2000字…ことばを選びながら、だからか遅い。ちょっと話が逸れてきて、疲れたのでひと休み

こくほこ間に合いませんでした(とおいめ)この1冊だけならどうにかなったかなとおもわなくもないですが、1冊だけなんて寂しすぎの極みなのでがんばって3冊出そうと思っていたのですが…

12
/ 2018
December
11
/ 2018

何時間か書いててこの結果 もちろん字数が全てじゃないけども少し書きたかった…!

泡沫は眷族が健在→ミコトが出自をカムイに語るシーンは本編通りではない、どころかなかったかも知れないというのが私の泡沫解釈で、すべての苦悩のはじまりです

膨大な量の没テキストが(´ཀ`)

小説の書き方というか作り方の本を読んでいたら背中を押されたのでまた構成を組み直しました。よりいいものになればいいな

11
/ 2018
November
10
/ 2018

進捗を。175ページ目。朝チュン的シグカム。パッと見でもなおしたいとこがあちこち目に付く〜

やっと! さんざん組み直しては没にしていた三章→四章プロットが形になってきました…!透魔√でいうところの24章あたりで、この辺り眷属とかどう出そうと悩みまくっていた箇所です。あとは書くだけ…!

10
/ 2018
October
9
/ 2018

約物関係直していたら結局それにとどまらず加筆してしまい意外に時間が…まずいなぁ非常にまずい!一休みと言わずアナザーヒストリー見てたよ!なお悪い!

まだまだ細部が……と思いつつ、三章にとりかかっています。相変わらず「推しはこんなこと言わない」と書いたそばからdeleteしています、いつできるんだろ(´ཀ`)

とりあえずAdobe stockで使えそうな素材をいただきました。水関係の画像は何を見てもシグカムに見えます、もはや病。今日は画像のライセンス取得とスマホで書いた文章を一太郎で清書しておしまいッ

三章はほぼ出来てはいますが、ここからいわゆる起承転結の転なので、どう話を持っていくか…カンナくんも頑張って出すつもりではいます…が、悩ましい!ifの謎時空はシリアスにはとことん向かない!

膨らんだ話の〆方に悩み、はじめてラストから書いてみました。次章に繋がるようにうまく〆られたので、次はクライマックスと〆をどう繋ぐか。ひととおり話が出来たら、全体の流れで必要な伏線の書き漏らしがないか見て…次章を書きます

9
/ 2018
September
8
/ 2018

一章44+二章128ページ、印刷したので練り直します。シーンやエピソードを個別にまとめて配置し直したり削ったり。前半なのに172ページ…無駄な部分が多いのでしょうね

いっそ神の視点に直すか。それでもまずい手には違いない、うー。細かいところは置いておいて、先を書こう

この時点でシグもカムも知らない事実ではあるけど読み手には知らせておきたい、という…。第三者視点ってのは一番まずい手に違いない

視点の乱れダメ絶対、とか思っていましたが敢えて別視点ぶっ込むことにしました。シグカムだから視点はシグorカム!と貫いて参りましたが、コレは外せないし独白や伝聞にもできない。とはいえ乱れは気になるのでまた消すかも…うーん。

文章が濃すぎると言おうか熱すぎ、近すぎかな、もうすこしすっきりした感じで突き放して書くのがうまさってものかなと足掻きましたが読んでいてつまらないのでやめました。濃い熱い近い文章が好みなので、そうなって当たり前なのだ

ええっと、生きています。書いてもいます…が、イマイチ乗らないので今日は一太郎の設定や組みをいじって終わり。新☆潮☆文庫風を目指してみました。奇数ページに章題、偶数ページに本題。ヘッダーの字、小さすぎかなぁ

8
/ 2018
August
7
/ 2018

私は今まで何をやっていたんだと目が覚める思いです…Evernote経由なら文字コードや改行コードを気にすることなどなかったようです…念願のイワタ明朝オールドが使えてうれしい…

※ジョアク前提シグカム はじめシグレの父親を定めず書いていましたが上記設定で進めることにしたので全体に加筆修正しています。終わる気がしない

全体に筆致を抑えたいというのはある。けど、まず全部書いてからの話ですね…いちいち直していたらきりがない…

今書いていてこれはと自分でも思うのは、どうもシグレ愛されすぎというかシグレすげえええッ気味が過ぎないか? というところですね…も少し愛を抑えないと…

書き直したものの軸がブレがちかも、という理由でやっぱりごっそり消しちゃうかもしれない…子世代仲良しシーン。 シグレとフォレオ。フォレオはすっごく漢前に(というより誇り高く)書いてます…

7
/ 2018
July
6
/ 2018

まだ前半ほんのさわりなのに70000字って多すぎるな。泡沫シグレが言っていた「みんなが心をひとつにした」透魔√描き出したくていろんなキャラを出しているせいだ。あとあの謎時間軸で生きている感覚の描写……

とりあえずひたすら思いつきのまま書いてます。あとで「推しはこんなこと言わない」と消したり、また書き直したり…この繰り返しですね…ほかに効率のいい方法もあるんでしょうけど、思いつかない(-.-;)

※ジョアク前提シグカム 反抗期のなさそうなシグレにそれっぽいこと言わせてみたかっただけ

暇を見つけてダーッと書いてはいます。あとでゴッソリ消すことになるかもしれない。 ジョアク想定からのシグカムなので弟ディーアも出したい

書きながらプロットを考え修正していく非効率甚だしいスタイルなのですが、とにかく何でも書いてみないとその先も浮かんでこないので仕方ない

大幅に修正。この時点ではまだ彼女はこれを知る必要がないから別のシーンに変更、といった感じ…

二年くらいあちこちに書いたメモのまとめ終了。思いつきゆえに読み返しても意味不明なモノが多く暗澹とした作業でした(´ω`)

挿絵欲しいなと思わないでもないですけど自分じゃむりっぽい。絵師様に頼むにも相場とかいろいろわからない。…諦めて少しでもまともな文章書けるよう頑張ろ

プロットが進まないのでデザインとか組版について考えてみたり…新潮文庫好きなのでそれっぽい風にしてみたいなぁとか

せっかくのATOKなのにフラワータッチ使えなきゃ宝のもちぐされじゃね? と思って練習してます…ほんとにこれで超高速入力出来るようになるのかな? 斜め上入力慣れるまでキッツそう!!

あちこちに書き散らしたメモをただまとめるだけの作業じゃーん楽勝( ´艸`)と思っていましたがひとつひとつ読みながらなので終わらねーぇ(°∀°)今夜も仕事なのでそろそろ寝ます…

作業終わらぬ感。yPadのガントチャートがおいらを責め立てる…yPad巻末は文字好きのテンション上がる!

これ目の上に乗っけて「ひとり思う Remembrance」→「在るべき道の果てに」を繰り返して聴くとあらふしぎ!たった12分で心も身体も元気になるのでもうひとがんばりしたいシグレ推しさまたちに超おすすめ

作業終わらず! ノートを広げる作業は出先、というか人目の無い場所がいいなぁ。明日に掛ける!お仕事行ってきます

もう寝なくては(´ω`) 起きたら付箋に書き付けて手帳に貼ったままのプロットやらアイディアをYPad上に一元化する作業。絶対にやります🔥というかやらねば

ところでもう一冊のノートがサーバーエラーでコメント返信や進捗報告ができない状態です、すみません…!

子世代を出そうとして文字数が増えるばかり(´ཀ`)書けるだけ書いて、後で、プロットに従って削ることになると思います。 2章だけでも5000字、増えてしまった…

二章ざっくり八割方書いた後で改めてプロットを組みなおす。一歩進んで二歩下がる感じ…もっと子世代を入れたいのだ

続いて二章、加筆修正。ここまででおおよそ58000字ほど。もっと削って書き足したい…まだ前半部分なので!

原型は初めて書いた二次カプものでもありますし初めて感想を頂いた思い入れあるモノなのでR集に入れます。シリアスとは別に夜のお話ばかり集めた本も作りたい。そちらも別途、進捗ノート作ってひたすら己に鞭打ちます、オラ書けえッ!

第一章、に当たる部分の加筆修正終え…! なんだやる気になればできるじゃないか。R外したくて抑えめに、というより分かる人でないと分からないようにしたつもりですがそれでも描写ありますの但し書きは必要だろうか…また直すかも

冒頭はこんな感じ。元になった小説はピクモフにあげたままですが、全年齢向けにするにあたりかなり直してしまっているので原形とどめていないかも(ピクモフにあげたものはRが付いています…)

薄い本とはいってもWeb再録に加筆修正でざっくり合わせたら14万字くらいいきそうなのでそれなりに厚くはなるかもしれない

夏のイベント狙っていたんですけど無理そう…とりあえず七割方できていないと怖くて申し込みできません((((;゚Д゚))))

6
/ 2018
June

コメント

0 / 1000

※投稿者を公開したい場合はログインしてください。

このノートを共有

ツイート