さくら
さくら
ネットの片隅でお話書いてる

最近のノート
冬の新刊 進捗中
フォロワーさん
R18
腐cp本。通販オンリーの気配濃厚。ひっそりつくってひっそり出す。
Kaleidoscope 完成
R18
冬に出したいうすいほん。いちさに。あらゆるものが不確定。きゃっきゃうふふしている。
ユーザーページ

続・きょうのいちさに 完成

きょうのいちさにシリーズまとめ、その2。12ヶ月を12組のいちさにでまわしていけたらいいな。全年齢。5月SCCが目標。

2018年12月19日作成 (336日め)

月メニュー

2019
2
2019
1
2018
12
2
/ 2019

しぶに先に書き下ろしのテキストサンプル、イベント近くなってから組版サンプルをあげることにしたので、ちまちまと作業中

無事に入稿作業完了。印刷所さんからのデータ受領確認連絡待ち状態になりました。進捗についてのふぁぼや頑張れありがとうございました(。☌ᴗ☌。)

脱稿したい
3月09日 00:00 まで
2月26日 17:07 完了

本文、これにて校了。あとは入稿原稿を準備するだけ。表紙もほぼできているので微調整後の入稿になるかと思われるけど、詰めの作業も慎重に行いたいと思います。 文庫/192P(表紙込)/40字×16行/8.5pt/イワタオールド

表紙レイアウト微調整。背幅もぴったり合わせたのであとは入稿用に貼りつけるだけのはず。

ぴったり63000字の記念撮影

いい感じになってきたと思うので、紙に出して読み直し。これで明らかな誤字脱字が見つからなければ今度こそ本文脱稿したい。

表紙11ミリで確認が取れたので11ミリで作業続行。赤ペン片手に本文をゆるっと読み返し。気になるところだけ修正を入れていく感じにする。文字数は63000字ぴったりだけど微調整が入るので最終稿は増えるか減るかは謎。

ページ数がほぼ確定、使う紙も決まったので印刷所さんに予約を入れる。このところ不調続きだったPCも無事復活。表紙作業も再開。素材が水彩風なので、タントにマットPP貼ってみたい。スケッチブックに書いたみたいな。

本文ほぼ校了。誤字脱字対策で入稿前に最後にもう一回だけチェックして脱稿っていうことにしたい。表紙は素案を元に今から作る。 文庫/40字×16行/イワタ明朝オールド/8.5pt 62,311字/表紙込み192P

62,229字/190P 読み返すたびに修正の箇所が順調に減る。字数は微増。本文は9割のところにいる気がする。あと1回通して読んでどうしても気になったところか、明らかな誤字脱字だけ修正するつもりでいきたい。

61,657字/186P/文庫 表紙を入れるとぴったり190Pになった。通し読みして、ちょっと手を入れての間を今日も反復横跳び。もうちょっとかな。

61,228字/184P/文庫 表紙を入れると188Pで落ち着きそうな気がしてきた。背幅の再計算が必要になりそう。体感として9割くらいのところにいる感じ。この週末に本文は仕上げたいのでもうちょっと頑張る。

本文作業再開。印刷→赤ペン→入力→印刷を繰り返す。「とある一期一振の話」が今回の校正作業の肝になりそう。この話に納得いったら校了かな。利き小説版にあった本霊様の下りをざっくりカットして本文も組み替え中。どうなるか。

解像度に敗北したので潔く次の案。シンプル方面にさらに走った模様。

赤ペン作業続行中。とても赤い。そろそろ追い込みかけてがんばる。

表紙素案。背幅は仮で11ミリ。書き下ろし「主の特権」が出先で遭難、「春はハジマリ」はめしてろ風味、「たとえばこんなふたり」はなれそめ話、「通過儀礼」はちょぎくん視点の話。いまのうちざっくり作っとけばあとで調整できるかな。

文庫で作るので、A6で全ページ印刷してみる。背幅は10ミリか11ミリか微妙なところだけど、短編も集まるとそれなりのボリューム。しばらく赤ペン片手のアナログ作業。表紙も少しいじってみた。

文庫/40字×16行/8.5pt/182P/58,544字 個別のファイルからいつものフォーマットに流しこんで組んでみる。体裁整えながら読み返し作業に入る。3/4は再録だけど、手を入れたい話があるので進捗は5割くらいかな。

「とあるいち兄の話」のラストをざくっと削る。かわりにさにわちゃん視点のを付け加え。あと1ヶ月くらいでいろいろ目途がつけばいいな。200ページは越えなさそうだけど、まだベタ打ちだからどう転ぶかは謎。

表紙をちょこちょこいじってみる。タントとかマーメイドっぽい質感の紙でやったらよさそう。タイトルは違うのを考えていたけど、まとめ本その2なのでわかりやすくしてみた。PPかけるならマットっぽいのがいいなー。

イベントにもプチにも申し込んできたのであとは新刊を頑張る。アップするときに推敲してこれでいいと思っても時間が経つと色々修正したくなってくる。しばらく紙と赤ペンでの作業が続きそう。

「たとえばこんなふたり」の初稿をべったに置いてみる。微調整入れて最終的にどうなるか。淡々とほのぼのしてるのが目標。ふんわりゆるゆる。

本体作業再開。ちまちまと進む。個別に手を入れてる状態。書き下ろしのほうを先に仕上げてから再録分の修正に入ろうかなと思案中。一応全部別の本丸の話で書いてる。

本文はこんな感じでぼちぼち進行中

表紙をなんとなくつくる。今のところこんな感じ。お借りした素材の持ち味100パーセント。背幅もなんとなくこんな感じ。色々付け足してみてやっぱり違うって最初に戻る。

書き下ろし分を別で書いてた話をインして、今から書く予定だった話を外す。全体的な傾向を見ていったら、両思いがアレコレするのが半分くらい。すれ違いに告白話に片思い諸々が残り半分。全年齢で最後まで頑張る。

2
/ 2019
February
1
/ 2019

書き下ろしのうちのひとつ、出先でピンチに陥る話。ケンカップルが罵りあう展開も考えたけどなんだかしっくりこなかったので方向転換。

書き下ろし、最後の一話の軸ができた。おにくつけに励む。長めの話がほぼすれ違いと両片想いなのはどうかと思ったので潔く入れ替え。昨日の進捗で入ってた「あなたが好きです」のかわりにこれがイン。ちょぎくんがんばって。

12話、なんとなく出そろったのではないかな。一気に書いてざっくり削ってまた書いてっていうやり方なので、ボリュームダウンするか増えるかは脱稿時点の自分しか知らない。

12話12組。ちょっと不安になってきた。頭の出力が追いつけるか。

いっこ完全に詰まったので、一回バラしてプロットから組み直し。ほぼできあがってたけどなんだか変なので軌道修正するなら早めがいいと思ってさっくり削る。週末である程度書けたらいいな。

現在のざっくり構成。短編集は作業がある程度詰まるまで別々のテキストで作業するので目安用に表を作る。既存及び既に書けてる書き下ろしから見直しを進めていく。塵が積もれば山になるけど短編も集まれば分厚くなる。

おおまかなスケジュールたてた。セルフ締め切りを3月9日くらいにする。なにがあるかわからないから早め早めで。書き下ろし枠4のうち、今から書く2がネタは浮かぶが字にならないので先に書けてる分の加筆修正諸々に着手。がんばる。

バラバラのテキストをざっくり組んでみた。事務ページ取り除いて文庫/156P。まだ書き下ろしのほうを書いてるので、再録分は改行を調整する程度しか弄ってない。誤字脱字を見てるうちにどのくらい増えるかは謎。

書き下ろし4編。ケンカップル遭難編と軽い飯テロになりかねない話は決定。残る2枠は既にできあがってるいちさに本丸に配属になったちょぎくん目線の話か、会議嫌いをなだめすかす話か、なんできみたち付き合ってないのって話のどれか。

書き下ろしに着手。ケンカップル遭難編。最近はプロットとネタメモはトリックル、書くのはスマホ、誤字脱字チェックとレイアウト調整はパソコンというのが定番。今のところ、書き下ろしは3編の予定。

エンジンかかると早いけど、アイドリングに時間かかるので書き下ろし部分に先に着手。既発表の全年齢8編に書き下ろし4編で12ヶ月を回す予定。話のバランスを取りながら考える。がんばる٩( 'ω' )و 

1
/ 2019
January
12
/ 2018

11月の話を外して書き下ろし3本にしようか思案中。夏の書き下ろしの骨はかけた。ケンカップル遭難編。残りふたつもプロットはもうあるからそのうち書けるかなって楽天的。

ざっくり構成。12ヵ月12組のつもりでいるけど、現段階で2月と8月があいてるので思案中。

タイトル「一期と審神者の12ヶ月」 書き下ろし含め12話で構成 全年齢 12ヶ月を12組のいちさにのエピソードで1年ひとまわりの構想

12
/ 2018
December

このノートを共有

ツイート