夏風馨@修羅場
夏風馨@修羅場
夏風馨です。絵を描かない物書きです。

最近のノート
5月むム7新刊「四つの愛に寄す Klavierquartett der Liebe」 完成
R18
再録本「師匠と孫弟子は愛を想う」「大家と元親友は愛を与う」「大家と孫弟子は愛を問う」+αです。出せるか五分五分。
1月福岡新刊予定「音楽家の病から紐解く医学今昔物語」 完成
小説ではなく、ロイドの基になっている史実音楽家を苦しめた病気の考察本。当時の医療の話と今の医療の話です。
ユーザーページ

12月の新刊「花にまつわる短編集」 完成

12月24日のむム6で発刊したいベト歌短編集「花にまつわる短編集」の進捗を……

2018年10月06日作成 (722日め)

月メニュー

2018
11
11
/ 2018

無事、脱稿してデータチェック完了になりました。

無事、脱稿してデータチェック完了になりました。

〆切り
2018年11月16日 23:59 まで
2018年11月25日 00:13 完了

カバー、表紙、本文236Pを入稿しました。 本日のハイライトは 「機嫌を損ねる」→「起源を損ねる」 「堪能した方が良い」→「胆嚢した方が良い」でしたね…… 後はもう、仕方ないね!

本文制作終了。125/236P校正+テンプレ落とし済。 表紙も入稿。カバーは明日もう一度確認したら入稿します~

本文校正と、12章書きながらメニューなどデザイン。 1章はテンプレ落とし済み。 和名表記です。ちょっと変わった表記あり。

202P(11/12章) 200Pで予約していたのに、完全にオーバーしましたね。残りが1章(12章)なのですが、ここまでの内容を削るか、頁数を増やすか。

188P 10/12章終了 ベトさんの粘り勝ち。小松さんだから小松菜ということではない。

173P 9章終了。明日以降、やっと書きたかった10章に入ります。 取り敢えず、夏風さんちのベトさんは真面目に働くとトラブルに巻き込まれる(真顔)。家賃を得る代わりに音羽館は違うピンチに陥る。

154P 8章は神話の話を絡めて手短に。9章はちょっと変化球。

取り敢えず、7章、146Pまで終了。 6章はえらいヘビー+ややブラックな話なんですが、7章はしょうもない話です。

ええっと、何か、文字間隔が勝手に詰まっていて、直したら142Pになっていて、まだ後5.5章分あるのに、200Pじゃねーだろってなってる。

現在7章目執筆ちう。122/200p

11
/ 2018
November

コメント

0 / 1000

※投稿者を公開したい場合はログインしてください。

このノートを共有

ツイート